願うことなら電車も選べる自由を僕にください

      2015/07/12

電車広告

電車に揺られながらふと思う

電車に乗っていると

情報が多すぎて気持ちが良くない。

 

意識して良く見て欲しい。

 

電車の中と言うよりは

広告に包まれて気分にならないでしょか?

 

昔はそんなに気にならなかったのですが、

最近は電車の情報量の多さに圧倒されます。

 

シンプルを売る

満員電車の上に、

広告だらけ、

ホームでは目の前に広告、

車体にも広告、

これっておしゃれとか高級と間逆ですよね。

 

色もデザインも

いろんな会社の人が凝ったデザインを考える訳なので、

異常なほどに統一感がない。

 

多分世の中で一番ごちゃっとしているのではないでしょうか。

 

世の中はどんどんシンプルな方向に向かっている。

 

Webデザインや企業のロゴ、パソコンやスマホも。

 

そのもの単体ではシンプルなデザインをしている。

 

大衆居酒屋には、

あっちこっちポスターやらチラシやら

貼ってあってなんか落ち着かない。

 

高級なホテルやラウンジには、

その雰囲気に合うもの以外は排除して

極力ものを少なく、本当にセンスの良いものしか残しません。

 

公共の交通機関と言っても

電車も鉄道会社が営利目的なわけで、

当然ながら結構広告収益があるわけです。

 

われわれが普段使う、

アプリもウェブも広告のおかげで値段が下がったり、

無料で使えたりする恩恵は計り知れないのです。

 

だけど、ふと選べるといいなぁと思ったのです。

 

グリーン車で、ちょっとお金を払う代わりに

全く中吊り広告とか車内の上の方にある広告全部なし、

デザインもシンプルでキレイ。

 

うっすらクラシックとかジャズが流れる。

 

その代わりその車両はシンプル量取るみたいな。

 

アプリも広告無しの正規版はお金払う訳だし。

 

すごい疲れてる時とは、

何か情報を入れるより、

清潔で整理整頓された気持ちの良い空間で

リフレッシュしたいですよね。

ですので、仕事で疲れている時なんか

電車に乗るだけで結構疲れてしまいます。

 

お金持ちはは電車に乗らないかったり、

わざわざ高いお金払っても

グリーン車に載ったりする気持ちもわかる気がしますね。

 

電車の広告にも選べる自由があるといいなぁ。

 - ライフ , , , , ,