【仕事ができる人はよく遊ぶ!!】大人になってもちゃんと遊んでますか?

      2015/12/13

遊び

 

大人になってもきちんと遊んでいますか?

 

社会人になって、「仕事や家事に追われて」、なかなか遊ぶということができなくなっていませんか?

 

大人になって、遊ぶことよりも優先すべきことがあるから「遊んでる時間なんてないよ」と。

 

だから、遊ぶ暇を惜しんで努力すべきことで、いっぱいいいっぱいなんです。

 

「努力すれば報われる」と昔からよく言いますが、自分が頑張っているというように感じている状況は、実は成果が出にくい状態です。

 

昔から「適当」という言葉があるように、適度な加減が大事。

 

ある程度余力を残して、自分を俯瞰できるぐらいの方が何事もうまくいく。


 

大人が遊ぶことは粋な事

 

大人が遊ぶことには、「なんかダメな人」とか「かっこ悪い」ような気がするっておもいこんでいませんか。

 

「遊んでる暇があったら仕事頑張らなきゃ」とか。

「家事や育児を頑張る私の方が素晴らしい。」

もちろん頑張ることは大事な事だと思います。

 

ただ「頑張ることが大切だ」というのも一つの価値観でしかないということを認識しておくことが重要なのです。

 

そうしないと「努力する」宗教にがんじがらめにされてしまい、身動きが取れなくなってしまいます。

 

「頑張る」、「努力する」という美徳は実は江戸時代にはなかったらしい。

 

むしろ、頑張るということは「粋」ではなく、逆に「カッコが悪い」と言うことであった。

 

それが、戦時中の「欲しがりません勝つまでは」的な、「質素倹約」や敗戦後の高度経済成長を支える日本の団塊世代が更にそれを加速させた。

「モーレツサラリーマン」「24時間戦えますか?」なんてテレビでもやってたくらいですから。

 

戦時中は、戦争へ勝つためのプロバガンダ、

戦後は、復興への原動力、

 

そのために、「努力」「質素」「倹約」「真面目」これが奨励されたのである。

 

そうやって作られた「頑張る」という価値感。

 

だから「大人が遊ぶこともカッコイイ」も一つの価値観。

 

「遊んでるあなた」も「頑張るあなた」もカッコイイ大人

 

 

遊ぶことで脳が活性化する!だから仕事もできる!

 

遊ぶことで、脳が活性化し仕事にもいい影響がでる。

 

今までに経験したことがない新しい体験や感動したり、ワクワクしたり、楽しいと思ったりすると脳内幸福物質のセロトニンが分泌されます。

 

セロトニンには、幸福を感じたり、やる気や集中力をアップしてくれます。

 

特に、一定のリズムで身体を動かすと効果が高いらしい。

 

ダンスや適度な運動なんかが効果的ですね。

 

そして、自分が好きなことをしている時、自分にとって遊びだと感じていることをしている時には人は自由だと感じ、ストレスを感じている時よりも本来の脳の能力を出しやすくなる。

 

よく格闘家なんかがゾーンに入るなんていう言い方をしている。

 

これは現代社会ではいろんな情報が入ってきて、無意識に洗脳の状態になってしまいます。

 

自分がゾーンに入って一つのモノ事に集中している時は、そういった、世間的な洗脳や世俗的な欲求から解法されて、自由になります。

 

実際に自由な発想ができる状態ではIQも上がることがあるみたいです。

 

だから、ストレスを感じたら、適度に遊んだり、休息したりすることで脳の機能の向上と回復で仕事がよりできる人になる。

 

アメリカの企業なんかでも積極的に瞑想が取り入れられている。

 

スポーツ選手なんかでも、休むことで、休んだ後に自分の能力の向上を体感することはよくあるそうです。

 

また、グーグルに代表されるようなシリコンバレーのベンチャー企業にはオフィスが遊び場のような設計になっているところも少なくないですね。

 

要因はこうした、ストレスのない状態がクリエイティブな発想をより強化し、かつ仕事の能率が上がるからなのかも知れませんね。

 

また、いい大人が何して遊ぶんだろうと思う方も実は多いのではないかと思うのです。

 

これをしなきゃいけないではなく、あなたが自身がこれをやりたいと思えること。

 

やっていて楽しいと思うことが、周りの誰かがいう遊びと違うものであっても、それは十分あなたにとっての「遊び」だと思います。

 

昔から仕事ができる人、勉強ができる人はよく遊ぶ。

きちんと遊んで、心も本当にリフレッシュできるというわけだ。

 

車のハンドルでも遊びが重要。遊びがないとキケンです。

人生のハンドルも遊びが大事。

 

仕事ができる人というのは、単純に仕事という作業ができる人ではなく、多様な状況に合わせて自分を変化させて、成長できる人。

 

多様な価値観の人と共に働いたとしても、その人たちの価値観を理解する人間としての器量を持ち合わせている人ではないでしょうか。

 

そう考えれば、よく遊ぶ大人は「人生の幅を広げて、余裕を持っている人。」

そしてカッコイイ大人なのかなと思います。

 

東京のような大都市では大人が遊ぶスポットがたくさんあります。

 

東京のような大都市でなかったとしても雑誌やWEBで大人の遊べるスポットは今やたくさんあります。

 

あなたも今日から魅力的な遊ぶ大人の仲間入り。

 

 - ビジネス , , , , , ,