働き方が変わる? 国が推進していくノマド的な働き方①

      2015/10/14

ノマドライフ

働き方が変わればノマドライフは憧れではなくなる

 

ノマドライフ

 

日本の社会構造が大きく変わろうとしていますね。

 

それによって、働き方がが今大きく変わりつつあります。

 

 

政府が、2020年まで、テレワークを通じて、

多様な働き方を選択できるよう、

テレワークという働き方を政府が支援して、導入企業を3倍に増やす。

 

要するにこれだけIT化が進んで来ているのだから、

ITを駆使して会社に出勤しなくても、

働ける仕組みを作るように社会や企業は工夫してください。

 

それを実現するためには政府は応援をしますよ。ということです。

 

総務省が定義するテレワークとはどんな働き方なのか?

総務省は下記のようにテレワークという働き方を定義しています。

 

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。

 

「場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」

 

あなたもどこかで聞いたことありますよね。

いわゆる「ノマド」です。

 

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。

 

そうなんです、総務省が国が

完全にノマドライフを推奨しているじゃありませんか?

 

◎テレワークの具体的な働き方とは

国が推進するテレワークの具体的な働き方は以下のように

定義されています、

 

◆雇用型…企業に勤務する被雇用者が行うテレワーク

いわゆる在宅勤務

 

◆自営型…個人事業者・小規模事業者等が行うテレワーク

いわゆるSOHOやクラウドソーシング

引用:総務省HP

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/18028_01.html

 

「世界最先端IT国家創造」宣言(案)

  1. 健康で安心して快適に生活できる、世界一安全で災害に強い社会

(5)雇用形態の多様化とワーク・ライフ・バランス(「仕事と生活の調和」)の実現

の中ににも記載されています。

 

http://www.itdashboard.go.jp/Achievement/index

 

今までは会社に行かないで働けたらなんかいいよねと

思っていたあなたには朗報ですね。

 

また、女性が子育てをしながら、

また男性も育児にも参加しやすいですし

これからの高齢化社会では介護をしながら働く

というような多様な働き方が選択しやすくなるのですね。

 

働き方が変わる? 国が推進していくノマド的な働き方②

働き方が変わる? 国が推進していくノマド的な働き方③

働き方が変わる? 国が推進していくノマド的な働き方④

 

 

 - IT・テクノロジー, ビジネス , , , , , , , ,