働き方が変わる?  国が推進していくノマド的な働き方④

      2015/10/14

d613fc953731a917c77b9d950ef30ca9-300x220

働き方が変わる?  国が推進していくノマド的な働き方①

働き方が変わる?  国が推進していくノマド的な働き方②

働き方が変わる?  国が推進していくノマド的な働き方③

ノマド4

 

 

当たり前なんてあっという間に変わる。

要する、その時代の「当たり前」「常識」なんて、

2,3年したら陳腐化するなんてザラということです。

 

そう考えれば働き方も変わるまでに

時間がかからないのは当然ですよね。

 

ちょっと前まで流行ったフリーアドレスは

在宅勤務やクラウドソーシングへあっと言う間の変化です。

 

2020年に3倍にすると言っていますが、

今は母数が少ないから、3倍なんてすぐになると思います。

 

そしてそれ以降は企業はそこに照準を合わせて、

雇用や外注化ができるような仕組みや

体制づくりを考えて運営していかないと時代に取り残されます。

 

ひょっとしたら、臨時的(スポット)な働き方が

派遣からクラウドソーシングへ変わるかもしれません。

 

ノマド的な働き方が世間の憧れっていう風潮がありましたが。

 

ひょっとするとではなく、

近い将来はノマド的な働き方が当たり前の時代になるかもしれません。

 

先日、近所を散歩していたら小学生が早く「サインインしろよ!」と

スマホを片手に友達と会話しているのが聞こえました。

 

「サインイン」なんて言葉、僕なんて大学生で初めて知りましたよ。

 

すごいね。マジで。

 

でも、そういう時代なんだなぁと思うとなんかワクワクしました。

 

デジタル・ネイティブ世代の子供達が働き方をもっと変える

今の子供達はデジタルネイティブ世代。

 

彼らが大人になって働き出す頃には

僕らの当たり前はきっと彼らの目から見たら

なんかおかしいになるかもしれません。

 

彼らが大人になる頃には出勤ではなく、

企業の管理画面に自分のスマホからサインインして仕事をする。

 

横には子供がいて、

「今からweb会議あるからちょっと、他の部屋で遊んでてね」

とかいいながら仕事をする。

 

PCは不要でスマホかタブレットで仕事をする。

 

そういう時代がくるかもしれませんね。

 

でも、考えてみたらスマホがガラケーを抜いて、

1年も経っていないんですよ。

 

それなのにもうWEBの世界では、

スマホ・タブレットに対応していない、

モバイルフレンドリーでは無いサイトは、

世の中から標準からずれていると言われる。

 

世界の標準はPCから閲覧でなくスマホやタブレット。

Googleさんがそう言っているわけです。

 

だから、テレワークやIT化だけでも

国や世の中がどういう方向に向かって

進んで行くのかは十分わかるわけです。

 

 

時代とともに変化する世の中を敏感に感じ取って

それに備えて自らも変化や行動をしていくことが

時代に取り残されないために必要かもしれませんね。

 - IT・テクノロジー, ビジネス , , , , ,