【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害」①ストレス性の記憶障害とは

      2015/12/11

ストレス性記憶障害

 

ストレス性記憶障害とはどのような障害なのか?

 

よく「漫画」や「ドラマ」で見るような、事故や精神的に強いショックを受けると記憶の一部を失う。

 

最近、よく耳にする「ストレス性の記憶障害」とは一体どのようなものなのか?

 

下記のテーマお届けしていきます。

  1. ストレス性記憶障害とはどのような障害なのか?
  2. どんな人・どんな場合にストレス性記憶障害になるの?
  3. ストレス性記憶障害におけるストレス対策

 

ストレス性の記憶障害とは

実際に脳に直接的に衝撃がなかったとしても、DV、虐待、大事な人を亡くすなどの強いストレスやショックを受けるた場合に

記憶の欠落がある障害。

 

まれではあるが、ひどい場合は自分の生活の全てを忘れてしまう。

 

そういった例もある。日本では70例ほどあるそうです。

そんなことが、実際に起こっているようなのです。

 

・解離性健忘

ストレス性の記憶障害を解離性健忘呼ばれることが多いです。

一般的に最も多い記憶障害は、『解離性健忘』と呼ばれるもの。

自分にとって重要な情報が思い出せなくなる状態をいいます。

 

極まれに、自分の名前まで忘れてしまう場合があるそうです。

 

 

  • 短期記憶障害

数時間~数日の記憶がなくなります。

 

  • 長期記憶障害

記憶の空白期間がみられ、何年にも及ぶ場合がある。

 

 

・その他の症例

また、解離性健忘は記憶をなくす症状がでる症例の呼称だが、

その他にも解離性を伴う(自分が自分であるという感覚が抜ける)障害は下記にもあります。

 

 

解離性遁走

解離性遁走とは、突然、会社や家庭から失踪し、遁走中は記憶がない。

2〜3日で戻ってくるケースが多い。

数か月に渡り度々、失踪を繰り返してしまう場合がある。

解離性遁走はアルツハイマーの徘徊に近いような状態です。

 

 

解離性昏迷

解離性昏迷とは意識がはっきりせず、外部から刺激に全く反応しない状態。

 

 

解離性運動障害

解離性運動障害とは突然動けなくなる。

「歩く」、「立つ」、「しゃべる」という行為が難しくなる。

運動に障害がでる状態。

 

 

解離性知覚麻痺

解離性知覚麻痺とは知覚異常

皮膚感覚がなくなるケースが多い。

「視覚(見えない)」「聴覚(聞こえない)」などの症状がでる場合もある。

 

 

解離性同一性障害

解離性同一性障害とはいわゆる多重人格

一人の人間に複数の人格が存在している状態。

本来の自分以外の人格が現れている時の事は記憶に残っていません。

 

よくドラマや映画で多重人格になるものの正式名称。

 

記憶だけに症状が出る場合とそれ以外の症状が併発するようなケースもある。

 

これらの症状は、つらい体験や受け入れがたい現実から自分を守るために自分自身(の記憶)から切り離そうとするために起こります。

 

よく、トラウマと言われるような体験をした場合に一種の防衛反応のようなもの考えられています。

  • 最近、記憶が曖昧なことがある
  • ストレスを感じていることが多い

と言う方は十分、ご用心下さい。

 

解離性障害の症状 | 2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカル

解離性障害

出典: http://miru-medi.tv/diseasesrch/detail?dm_id=185

 

 

 

 

| 【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害②「どんな人・どんな場合にストレス性記憶障害になるの?」
    下記のテーマお届けしていきます。 【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害」①ストレス性の記憶障害とは どんな人・どんな場合にストレス性記憶障害になるの? 自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害 ③ストレス性記憶障害におけるストレス対策       「どんな人・どんな場合にストレス性記憶障害になるの?」   「自分のことが分からなくなる」それが一部でも恐怖を覚えますし、ましてや全て失うとしたら。 そんな記憶の病いがあるのですね。     全生活史健忘とは 「自分の人生を、すっぽり忘れてしまう病気です。 突然、名前や生まれ育った場所、両親・兄弟の名前、自分の仕事など、生活歴を全部忘れてしまう。 非常に珍しい病気ですね。20代、30代の若年層に患者が多く、これまで日本で報告された病例は、約70人前後です」 引用:http://www13.atpages.jp/seisinsoma/hkenbo.html         ◎どんな人が記憶障害なりやすいのか?   健忘症の中でも最も重い全生活史健忘と言われる、「人生の全てを忘れてしまう」ような記憶障害の特徴として   20代30代などの若年者が多い 2:1で女性の割合が多い 人間関係が表面的で 一見人当たりが良い 自己主張ができない 社会的に孤立していることが多い。 知能は平均以上の例が多い DVやパワハラのようなストレスを抱え、そのストレスを自分ではどうしようもできない場合   まとめると、「ストレスを溜め込みやすく、且つはけ口がなく、更にストレスの元になる事柄から逃げることが出来ない状態」が長く続くと発症する可能性があるようですね。         ◎ストレスを溜め込みやすい人の特徴とは!? ストレスを溜め込みやすい人の特徴は以下のような傾向があります。   結果がすべて (完璧主義、理想が高い、全てを善悪で判断) ネガティブ基質 (自分が悪いと考える、悪い結果ばかり考えてしまう) 人の目を気にする (競争意識が強い、人のせいにする) 自己中心的
| 【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害 ③ストレス性記憶障害におけるストレス対策
 下記のテーマお届けしていきます。   【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害」①ストレス性の記憶障害とは 【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害②「どんな人・どんな場合にストレス性記憶障害になるの?」 【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害 ③ストレス性記憶障害におけるストレス対策       ◎記憶障害が発症した場合   まずは、原因の解明が必要です。専門医に相談しましょう。     大多数が数カ月以内に回復する報告もあるようですが、ストレスではなく外傷の場合もあるのできちんと専門医に相談した方がよいでしょう。   漢方薬 催眠療法 投薬による機能回復等 カウンセリング いろいろな観点から原因を解明し専門家の観点から様々の治療法をアドバイスをくれます。         現代社会でどのようにストレスと付き合っていけばよいのか?   ◎生き方を変える 「生き方を変える」というと大げさではありますが、同じストレスを受けても、その衝撃の受け方は人それぞれ。 逆に、現代社会では「全くストレスを受けない人」はいません。   ストレスを溜め込みやすい人は、「ストレスを溜め込みやすい考え方」をしていることが多いのです。   ストレスにあたるような事象にぶち当たった時にどのように考えれば、上手く付き合ったり、受け流したり解消したりできるのか?   まずはストレスを溜め込まないようにできる、「いわゆるストレスに強い人達」はどういう風に考えているのか?       逆にストレスに強い人はとんな人? 結果ではなくプロセス大事にする 他人と比べて競争するのではなく、今自分がしていることに集中できる。 結果は気にせず、自分が成長すること、現状の変化を楽しむ。     物事はただ起こる・そこに意味を求めない 自分も他人も責める必要はなく、ただ事実があるだけ。 失敗やミスということ自体が「後付で自分が考えている」だけ。 「いわゆる失敗」と言われるような事も他の人からすれば、 「そんなこと何でもないよ」 と自分が心配するほど他人は思っていない。  

 - ライフ , , , ,