【それが真実!?】お金の正体ってなんだと思いますか?

   

お金

お金ってなんだと思いますか?

お金

 

①紙幣・硬貨

②信用

③心や感情

 

①紙幣・硬貨

 

一万円札や500円玉など

いつも、財布にあるやつですよね。

 

その通りだとおもいます。

 

お金=紙幣や小銭を思い浮かべる方大半ではないでしょうか?

 

もしお金がただの紙や金属であれば

お金というものに関して、人はお金にいろいろな感情はいだかない。

 

お金にはただの紙切れ以上の何かがあるのですね。

 

ほとんど物質的にはおなじのゲームセンターのメダルには

何も思いは抱かないけれど

お金に関しては、ただの紙切れや

金属の塊以外の特別な感情を持つのではないでしょうか?

 

まず、お金とはの一つに信用であると言われます。

②信用

堀江(ホリえもん)さんが

お金=信用だと言っています。

 

要するに信用して大丈夫な量を金額という単位で表しているということです。

 

この信用とは社会的な信用度で

社会的な信用度=何か世の中に対して

価値を生み出せる(お金を稼げる)能力を持っている。

いうことなのですね。

 

③心や感情

もう一つが今回のテーマのお金とは
その人の持っている心の状況なのですね。

 

お金があると嬉しくなったり、逆になくなると悲しくなったりする。

 

お金は単なる紙切れと数字以上のパワーを秘めているのがこのあたりにあると思います。

 

正直お金は必要ではあるけれどもそれ以上でもそれ以下でもないのです。

 

それにも関わらず、お金のせいで人間関係が悪くなったり、お金のせいで人生がおかしくなったりする。

 

実はお金を見る目、それを認識する脳みそが違う。

 

お金っていう数字を見るときのフィルターが人によって違うんですね。

 

だから、人はお金は見るときに実態を見ている訳ではなく、

お金のイメージを見ているのですね。

 

お金=悪いこと、破滅、人間関係を悪くする、

 

そんなことを考えてしまう人は、人生のどこかでお金に対するイメージが

「お金=悪い(マイナス)」

という風に経験や言動、身近なひとからの刷り込み(特に両親)から

強烈に受け付けられることで、

お金を見るためのブラックなフィルターが完成する訳です。

借金で日々苦しい、

お金のことばかり考えているのは悪いことだ、

うちにはお金がないと教えられている。

 

欲しいものが手に入らない恐怖とそれを手にしたい、

持っても使ってはいけない

とそう思い込んでいるのです。

 

そして、本当は欲しいのに、悪いものだと思っているから、

一瞬手元にあってもすぐ手放してしまう。

 

そして、またお金がない、

お金が手元に残らない、

欲しくてたまらない

依存症のような状態に陥っていく。

 

またその逆の場合はどうか?

「お金=素晴らしい(プラス)」

 

そう考えている人は、

人生の局面でお金があることで

プラスの経験や刷り込みを受けているのです。

 

お金はいつも自分にとって気持ちのいい経験をさせてくれる。

おいしいもの、かっこいい車、楽しいゲーム、海外旅行などの新しい経験

自由、楽しさ、嬉しさ、優しさを感じさせてくれる。

 

それに加えて、お金は自分にとって当たり前にあるもの。

空気を吸うようにお金は身近な存在。

 

だから、お金に執着心がない。

 

使うことで幸せな気分になるのだから。

 

そして、いつも自分のしたいことを満たしてくれる

手伝いをしてくれている相棒のようなもの。

 

だから、大切にも思う。

 

使うことでみんなが幸せになることも経験する。

 

そのおかげでプラスのフィルターができていく。

 

そして、お金持ちのメンタリティーがここにあるのですね。

 

これが真実


お金の本質はプラスもマイナスもなく

ただの紙切れや金属であるけれども、

それを見たり、感じたりするメンタリティーで

天使にも悪魔にもどちらにでもなれるんですね。

 

世の中の見方にも似ているかもしれませんね。

 

でもどうせなら、いい方に見た方がたくさん幸せなのであれば

そっちのほうがいいですよね。

 

だから、お金は実態を見ている人はあまりいないんですね。

紙幣や硬貨を見ているようで、実はその奥の心にある感情を見ている。

 

お金に対しては、きちんとした教育が必要なのですね。

 

そして、空気のように当たり前に実はあるので

執着する必要もなく、

そして使うことで自分以外の誰かも幸せにするということを

理解することが大切ですね。

 

 - ライフ , , , ,