自分を変えるには、自分を定義する言葉を変えればいい

   

自分を変える

自分を定義する言葉が自分とって優先順位が高い

自分を変える

自分を自己紹介するときに真っ先に出てくるもの。

  • 会社
  • 役職
  • 趣味
  • 出身
  • 好きな漫画やドラマなど

自分というものを作っているもの。

自分を認識するために必要なもの。

これがあなたにとって優先順が高いもの。

だから、

  • もしあなたが今の自分に満足できない
  • もしあなたが今の自分に自身がない

そうなのであれば自分を定義するもの変えればいい。

自分はこんな人間なんで自信がないです。

実は「自信がない自分」という風に思っているだけ。

あなただけが。

自分がいつも頭の中に最初に浮かぶもの。

この優先順位が間違っているから今の人生がある。

自分を見つめなおす作業をしてみる

一度「自分とは??」を紙に書き出してみよう。

きっと今の人生がすごく満足している人は、

そこに描き出されているものがすごくキラキラしているはず。

そして今の人生か全然満足がいかないと感じている人は、

そこに書かれているものが

自分の好きではない。

  • 仕方なくしている。
  • みんながやっているからそうするしかなかった。

そういうものがたくさん書かれているはずだ。

自分に自信がなかったり、自分自身に満足できないというのは

本当にもったいない。

だって、自分自身をどう思おうと自分の自由なのだから。

自分をどんな人間だと考えるかは自分自身で決めることができる。

自分の人生が満足できないというのは、

本当は他に優先したいことがあるのに

それを差し置いて、誰か他の人の言うことを聞いてしまう。

例えば

  • 上司
  • 先生
  • 親など

自分を差し置いて、ある意味、社会的に自分より上の人が

教えてくれたことを優先したりしていることが多い。

  • 生きて生きていくためにはしょうがない。
  • 働かないと食べてない。
  • 勉強しないと将来困る。
  • 出世しなければ意味がない。
  • 当たり前のように言われるけれど

ほんとは違うんじゃないかと心の底で思ってる。

だからノートに書き出してみる。

それは見た時の自分の反応が今の人生に感じている感情と同じ感情であるはず。

だからもう一度考えてみてほしい。

自分を定義するもの自分にとっての優先順位を考えよう

1つづつ変えていけばと人生をよい方向に変わっていく。

だって自分もわかってるんだから。

だから、きっと変われる、自分自身をどう思うかは

自由なのだから。

 - ライフ , , , ,