「手当」の語源からみる本当の意味と効果

   

赤ちゃんの手

 

赤ちゃんの手

 

 

手当の本当の意味とは

手当の本当の意味は、語源を調べるととよくわかります。

 

現在は怪我や病気をした時によく使う手当という言葉
「手当」は「治療」と同じ意味で使われていますよね。

手当とは本来は読んで字のごとく
相手に手を当てる、触れることで
傷や心を癒やすことなのだそうです。

手当の語源とは

手当の語源は昔の日本では、

もともとは怪我や病気をした時に

手のひらを当てて治療をしたことから

手当と呼ぶという説があるそうです。

 

昔は治療の一貫として、

痛い部分に手を当てて治療していたそうです。

 

本当の手当の効果とは

 

手当てというのは本当に手を当てると治癒力が高まるそうです。

いわゆるハンドヒーリングというやつです。

ハンドヒーリングっていうとオカルトチックですが、
自分で普通にできるというか、
無意識にやっているんです。

「あっ痛い」と思ったら
ついつい手で抑えてしまいますよね。

昔、実際カイロプラクティックに
通っていた時に先生に教えてもらったのですが、
身体の悪い部分に手を当てると
身体の動きの悪い箇所がだいぶ
柔軟になるんです。

悪いところをかばってカラダが
硬くなっている状態を緩和する事
ができるみたいです。

 

手当の効果の理由

手を当てることで実際に効果が出る
理由は次の理由だそうです。

身体の悪い部分に手を当てると
ヒトの手のひらは適度に湿気と熱を持っています。
その湿気や熱が軽い温湿薬のような効果があると
言われています。

その効果が血行を良くして患部を治癒することが
あるようです。

また、手のひらからは静電気がでているのは
ご存知だと思いますが、
その静電気が経路(いわゆるツボ)
を刺激して血の巡りを良くすることで
自然治癒力の働きを高める。

痛みが、実際減ることがあるのは
逆に適度に血流を圧迫してあげると
痛みが軽減します。

人の身体(カラダ)ってふしぎですね。
よく薬でカラダが治癒するわけでなく、
あくまでも薬自体は人間がもともと
持っている自然治癒力を補助するだけ
ということを聞きますもんね。

人は、自分で傷を癒やす力を持っているって
こと。

それを科学の発展していない過去に人は感覚的に分かっていた。

カラダもすごいですが、それを体験的にわかっている
過去の人達もすごい。

子供の頃に熱が出て、
お母さんから触れてもらうと
何だか楽になるのは
やさしさや愛情だけではなく
手当のおかげで本当に癒されるいる
ということなのかもしれませんね。

 - ライフ , , ,