「神様とのおしゃべり」新ジャンル!笑えるスピリチュアル!!著者さとうみつろう

   

神様とのおしゃべり

神様とのおしゃべり

 

神様とのおしゃべり
著者:さとうみつろう

 

「神様とのおしゃべり」とはどんな本なのか?

神様とのおしゃべりというと

いうとなんか仰々しい印象を受ける。
タイトルとは裏腹に

本の表紙は非常にコミカルだ。

 

実際に内容は成功法則。
その表現の仕方が

神様とダメな会社員のさとうみつろうさん

のコミカルな対話を通して

人が人生で悩むようなことを

楽しく、わかりやすく感動的に

書いている本です。

 

物語は世界はいつものように瞑想

をはじめるさとうみつろうさんに

神様が幸せになりたいんだろう?

というところから始まる。

 

本はがすごく分厚いのですが

すごく読みやすい。

 

非常にカンタンな言葉で

書いてあること。

物語風で先が気になること。

 

ビジネス書のコーナーに

本屋ではおいてありますが

中学生でも読んで内容を

理解できるのではないかと思います。

 

「神様とのおしゃべり」とは笑えるスピリチュアル?

「神様とのおしゃべり」の

笑えるスピリチュアルとは何なのかというと

さとうみつろうさんが運営しているアメブロのタイトル。

 

笑えるピリチュアルというブログから本の執筆

アメブロで運営されている

笑えるピリチュアルというブログから

編集をしなおして

「神様とのおしゃべり」

はできてるそうです。

 

スピリチュアルというと

なんだか暗くてあやしい感じがしますが

どっちかというと

神様とみつろうのコント的なやりとりが

笑えて明るい色の本です。

 

神様とのおしゃべりが教えてくれること

人はみんな成功者

自分が思ったことが現実として現れている。

全ての現実は自分が作り出している。

 

お金意外の豊かさを知る

お金に対してばかりに
価値をおいてしまうと
それ以外にもたくさんある豊かさを
受け取れなくなってしまう

 

嫌なことひとは自分に何かを教えてくれる。

目の前に現われている全ての人は、
他者との関係を学ぶために必要

 

ないではなくあるを探す

人間は99%の今持っているモノには
目を向けずに「ない=不足」
ばかり目を向けて悩む生き物

 

感謝している間が幸せであること

人が幸せだと感じること
ができるのは感謝している間だけ

 

人生に迷った時、

幸せとは何か、

生きることの意味とは

をやさしく教えてくれる本。

 

本を読んだ後に

人に感謝したくなる

そんな本だと思います。

 

神様とのおしゃべり
KINDLE版

 

 

神様とのおしゃべり
単行本

 

さとうみつろう特別ワークショップ

 

 

 - ライフ, 本・BOOK , , ,