夫婦別姓のメリットとデメリット!海外では!?子供の姓はどうやって決めるのか?

      2016/01/20

夫婦別姓

| 100日すら必要ない!?違憲と判断された離婚後の再婚禁止期間!
夫婦別姓が合憲か違憲かという裁判で、夫婦別姓は合憲であるという判決が決定した 同じ裁判の中でも、「夫婦別姓」とは違う課題である「6ヶ月の再婚禁止期間」には違憲判決が出た。   夫婦別姓についてはコチラ。 http://hack-the-life.com/2015/11/02/post-995/   かなり話題になっていたので、注目されている人が多いと思います。 ただ違憲であると言われても、どういった理由でそうなったのか、違憲判決の内容を少し噛み砕いてみました。     どんな内容の訴えだったのか? 岡山県に住む30代の女性が「6ヶ月の再婚禁止期間」が「男女の平等などを保障した憲法に違反する」ということで、国に対して精神的苦痛などで損害賠償の請求をする裁判でした。     なぜ再婚禁止は違憲なのか?   「離婚した夫婦は6ヶ月間再婚を禁止する」という規定に対して「再婚を禁止する期間が100日であれば合理的だが、100日を超えるのは過剰な制約で憲法違反だ」と指摘しました。   国の主張としては 「父親を判別するための合理的な判断で性差別には当たらない」としていましたが、その期間が合理的ではないと判断されました。     今回の違憲の判決で賠償はあるのか?   今回は違憲というだけでなく、精神的苦痛という観点で165万円の損害賠償請求がありましたが、違憲であるという判決がでましたが損害賠償請求には応じないようです。   過去に憲法が違憲と判断されたことはあったのか? 戦後60年の歴史の中で過去に10例ほど、違憲と判決された例があったようです。 判例はコチラに詳しく載っています。 違憲判決の判例   http://tamutamu2011.kuronowish.com/ikennhannketunojirei.htm なぜ6ヶ月という再婚までの期間100日に短縮なのか? そもそもこの離婚後の再婚の禁止期間を設定した目的は何なのか? これは父子関係の明確化が目的。父子関係を明確にしなければ、その後の親子関係において紛争などが起きやすくなるということ。その目的を達成するのに6ヶ月という期間が必要なのか?   ココが今回のポイント。

 

夫婦別姓が選択出来ないことが違憲!?

 

夫婦別姓に関して別姓を選択できないのは
違憲ではないか?最高裁で争われている。

 

今、夫婦別姓に関して
これほどに争われている理由は一体何なのか?

 

社会的な背景としては
女性の社会進出があるようです。

 

男性側の籍に入るから名字が変わる。

 

しかし、今まで旧姓で仕事をし資格をとったり、その名前にネームバリューがあった場合、名字が変わることがデメリットになる。

 

だから、戸籍上では、夫側の姓になっている職場や仕事上で使う姓は旧姓を使う人が増えている

 

そもそも結婚した時に夫となる男性側、の姓に変更する

 

日本では法律的に夫婦別姓は認められていない。

 

日本では民法第750条夫婦は夫又は妻の氏を名乗ることと定められている

 

 

法務省の発表している選択的夫婦別姓について以下のリンクに詳細が載っています。

選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)について

 

 

日本では大方(おおかた)夫側(男性側)の姓変える慣習がある。

 

女性側の姓に変えることは言葉としても

「婿養子に入る」

と特殊な言われ方をされる

こうした、以前の男性中心的な制度はが現在も慣習として残っているようなところがある。

 

世界的に見れば、どちらかというとまれな方でいわゆる日本の常識は世界の非常識の典型例でもある。

 

男尊女卑的な慣習ではないかと国連からも女性差別的だと以前から批判があった。

 

ただ、必ずしも男性姓を強制しているものではないので、慣習的なところが多いのではないか?と思うところもある。

 

しかし、実際旧姓を使いたいのに使えないという法律があることでジレンマを抱える方にとっては虐げられたと感じるのであろう。

 

 

逆に夫婦別姓の制度は世界(海外)ではどうなのか?

 

国連の「男女差別撤廃条約」の中の選択夫婦別氏制度により、結婚後も夫婦でも別の姓を選択できることが多い

 

夫婦別姓もいくつか考え方がある

 

①夫婦どちらの姓でもよい

1.夫婦別姓はできるがので基本が別姓
中国、韓国、スペイン、サウジアラビア、オランダ、スウェーデン

韓国中国の場合はもともと同姓を名乗ることがみとめられなかった。

 

2.夫婦別姓を選択できるが基本は同姓を選択する国
アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、インド

 

②夫婦別姓でなくてはいけない

もともと中国や韓国はここに属します。
カナダのケベック州はお金を払って許可を得ないと同姓を名乗れません。

ただ、アメリカなどは州によっても法律が違い、通り一遍にこれが当たり前だということもなく、宗教上や文化的な背景も含めて決定しているようである。

子供がいる場合は、国よって異なるようです。

 

①父親、母親どちらかの姓を選択する
②父母の姓を結合する

 

国によっても「夫婦別姓」のあり方や前提条件が違ってくるのですね。

要するにチョイスできることが「不平等感がない」と言うこなのかもしれません。そうでなければいけないがストレスを産んでいるような気がします。

 

日本の選択的夫婦別姓制度の場合の子供の姓は?

 

日本の選択的夫婦別姓制度の場合の子供の姓はあらかじめ婚姻の時に,

 

①子どもが名乗るべき氏を決めておく
②子どもが複数いるときは,子どもは全員同じ氏を名乗ること

 

子供を生む時ではなく、婚姻の際に夫婦別姓を取ると決めた場合は

「子供ができた場合はどちらかの姓を名乗るのか」

あらかじめ決めていく必要があるのですね。

選択的夫婦別姓制度において、夫婦別姓の両親を保つ場合で子供は成人すれば、家庭裁判所の許可を得れば姓を変更することができるようです。

 

 

夫婦別姓のメリットは?

 

夫婦別姓のメリットは、前述したように、旧姓で自分のキャリア築いた場合名前を変えることでキャリアが外側から見えづらくなる。

仕事をする上で必要な資格であるほど、戸籍上で姓が変われば修正の必要が出てくる。

生活においても、免許証からクレジットカード、銀行の口座名義など、姓が変わればありとあらゆるものの変更手続が出てくる

以前の日本では専業主婦が多かったので、こういった手続もする時間も取れていたかもしれない。

今は当たり前のように共働きする時代には手続も非常に負担になる。

もし、この手続がなければ新婚の時間をもっと有意義に使うことができるかもしれない。

 

 

夫婦別姓のデメリットは?

 

「子供の姓をどちらにするか?」に迷ったり、揉めたりするということががよく言われる。

納得ができる結論を出せばいいだけだと思う。

 

夫婦別姓のデメリットには手続き上逆に煩雑になる可能性がある

 

他にも行政上の手続きや企業の法律が関わるような手続きはすべて手続きが煩雑になる。

家族でも姓が違うことになれば見ただけでは家族関係が判断できない。そうなれば、確認書類の何らかの提出をする書類では戸籍謄本を同時に提出を求められるというようなことがあるかもしれない。

 

メリットデメリットは立場や状況によっても違う

 

が今の法律上で

選択出来ないことが不自由なこと

は間違いない。

個人がますます進出していく世の中では

 

会社名でなく「個人の名前」で仕事を取ってくることになる。

 

そうなれば、名前の重要度がますます増してくることは間違いない。

 

「どっちかでなくてはいけない」のではなく「選択できないこと」が余計に悩みを深くしているのだと思う。

 

そういう意味では、「選択できるという制度」は早めに取り入れたほうがいいのではないかと思う。

 

 

夫婦別姓は合憲か違憲か!?

 

2015年12月16日夫婦別姓を認めない民法の規定を違憲であると、「婚姻の自由などを保障した憲法の規定に違反する」として国を相手取り、損害賠償を請求する訴訟を起こした裁判の判決が出た。

 

最高裁判決が下した判決は、民法の規定は合憲:違憲が10:5で「旧姓通称の使用で緩和できる」ので合憲であるというもの。

 

この裁判では裁判官が15人で行われ、男性と女声の比率が12:3の比率。

 

5の違憲のうち、3人は女性裁判官、女性裁判官は全員反対意見の「違憲である」という判決を下し、合憲であると判断をしたのは全員男性裁判官である。

 

女性裁判官の意見は「夫婦同姓以外を許さないことに合理性があるか?」という点から例外を認めないことに合理性がないと結論づけた。

 

今回の主張が特に女性側からの要求であり、背景が男性側には理解しにくい状況であることを考慮すると納得がいくものではないだろう。
これにより、選択的夫婦別姓がいつ導入されるのか?と待望んでいた人たちからするとこの合憲の判決により、しばらくは夫婦別姓の選択制が導入されることは難しいだろう。
しかし、価値観が多様化される現代社会の中でそれを望む人たちが多く、また夫婦別姓に関しては取り分け感心が高い。

 

なぜなら、夫婦のあり方自体がここ数十年で大きく変化しているからだ。価値観の変化に伴って自然と法律は変わっていく。特に経済の世界では、ビジネスが法律を変えていく。ビジネスの発展によって今までは不自由がそれほど無かった規制でも、世の中に受け入れられるサービスの拡張が阻害されるような場合は法律もそれに合わせて変化してきた。
同性愛も事実婚もきちんと認められる時代である。会社がマイノリティを受け入れられられる土壌があるかどうかを世の中がきちんと見ているし、評価をされる。憲法もあくまで法律である。

 

合憲違憲の判断よりも、時代の流れを沿った形でメリットデメリットをきちんと考慮して、実生活の中にフィットした形で検討を繰り返していく。
その中で変化が必要な時には変化をさせる、それが民衆の声を反映させる政治というものだと思う。
ただし、法律が認めた場合にも必ずしも夫婦別姓がメリットだけではなく、デメリットもあるということを選択をする本人がメリットデメリット両方を受け入れることをきちんと理解した上で選択をすることが大切だ。

 

| 100日すら必要ない!?違憲と判断された離婚後の再婚禁止期間!
夫婦別姓が合憲か違憲かという裁判で、夫婦別姓は合憲であるという判決が決定した 同じ裁判の中でも、「夫婦別姓」とは違う課題である「6ヶ月の再婚禁止期間」には違憲判決が出た。   夫婦別姓についてはコチラ。 http://hack-the-life.com/2015/11/02/post-995/   かなり話題になっていたので、注目されている人が多いと思います。 ただ違憲であると言われても、どういった理由でそうなったのか、違憲判決の内容を少し噛み砕いてみました。     どんな内容の訴えだったのか? 岡山県に住む30代の女性が「6ヶ月の再婚禁止期間」が「男女の平等などを保障した憲法に違反する」ということで、国に対して精神的苦痛などで損害賠償の請求をする裁判でした。     なぜ再婚禁止は違憲なのか?   「離婚した夫婦は6ヶ月間再婚を禁止する」という規定に対して「再婚を禁止する期間が100日であれば合理的だが、100日を超えるのは過剰な制約で憲法違反だ」と指摘しました。   国の主張としては 「父親を判別するための合理的な判断で性差別には当たらない」としていましたが、その期間が合理的ではないと判断されました。     今回の違憲の判決で賠償はあるのか?   今回は違憲というだけでなく、精神的苦痛という観点で165万円の損害賠償請求がありましたが、違憲であるという判決がでましたが損害賠償請求には応じないようです。   過去に憲法が違憲と判断されたことはあったのか? 戦後60年の歴史の中で過去に10例ほど、違憲と判決された例があったようです。 判例はコチラに詳しく載っています。 違憲判決の判例   http://tamutamu2011.kuronowish.com/ikennhannketunojirei.htm なぜ6ヶ月という再婚までの期間100日に短縮なのか? そもそもこの離婚後の再婚の禁止期間を設定した目的は何なのか? これは父子関係の明確化が目的。父子関係を明確にしなければ、その後の親子関係において紛争などが起きやすくなるということ。その目的を達成するのに6ヶ月という期間が必要なのか?   ココが今回のポイント。

 

 

 

 

 

 - ライフ , , , ,