未来を心配して生きると今が不幸になる

   

未来を心配して生きると今が不幸になる

未来を心配して生きると今が不幸になる

 

 

未来を心配して生きると今が不幸になる

 

有名な言葉がある

「酒も女もタバコもやらずに100まで生きたバカがいる」

 

あっ今の時代にぴったりだとおもった。
今の世の中って超心配型の世の中だと思う。
この言葉は

心配ばかりして生きる現代人

に改めて今を生きること、今の人生を楽しむこと
を教えてくれる。

 

 

心配ばかり
健康や品性を気にして、

長生きするには?

とか考えて

未来の心配ばかりして生きると
自分の今が心配で埋まっていく。

 

未来のあるかどうかも分からない
心配をして
今を不幸にしてしまう

 

同じように嫌いな仕事だけど

 

食うのに困るから今の仕事を続ける

 

とか思うのであれば
今すぐやめた方がいいと思う
本当に人生がもったいない

 

こんな個人が自由に生きられる国
日本でそんなことを思って生きていくのは
もったいない

 

  • 節約しないと将来困る
  • 老後の蓄えが必要だから
  • 今勉強しないと遊んでいると就職できない。

 

 

人生は一度キリだ

 

今を生きなければ
人生に感動や幸せがない

今が幸せでないのに
未来が幸せなはずがない

 

 

心配することは不幸な未来を願うこと

 

未来を心配するということは
頭の中に悪い未来像でいっぱい
にするということだ。

 

そんな頭の中からは
当然いい未来はやってくる訳がない。

 

だから、来るかどうかもわからない
未来の心配は今すぐ止める。

 

 

幸せな未来を想像して
今を真剣にそして楽しく生きべきだ。

 

未来のことなんて誰もわからない。
どうせ分からない未来を
想像するのであれば、

 

心配ではなく今よりももっと明るく楽しい

 

未来を想像する方がいいに決まってる。

 

 

生きている時間に体験することが

豊かな人生だったと言える

 

 

あれこれ心配している間に

本当にあっと言う間に人生終わっちゃう。

いつかくる死ぬことに向かって進んでいる人生

その時間を

「楽しい」
で埋めていくのか?

それとも

心配をしながら

何もせず「ブランク」

にしておくのか?

あなたならどちらをえらびますか?

 - ライフ , , ,