iPhone7でイヤホンのジャックがなくなる!?なぜだ!?

      2015/12/04

iphone イヤホンジャック

iphone イヤホンジャック

 

 

iPhone7でイヤホンのジャックがなくなる!?

 

「iPhone7」でイヤホンジャックがなくなるらしい。

アップルのヘッドホンの端子がなくなるらしい。

率直な感想だと「えっ困るじゃん!!」

 

「iPhone 7」、ヘッドホン端子を廃止?!1mm以上薄型化か
Appleの薄型化に対する尋常ではないこだわりはさらに加速する?!Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が信頼できる情報筋から得た情報によると、Appleは「iPhone 7」からヘッドホン端子を廃止し、さらなる軽量化・薄型化を図ると報じている!

こんな記事がでていた。

 

 

 

何でイヤホンジャックがなくなるのか?

 

イヤホンジャック(ヘッドホンの端子)がなくなる。

これによって、1mmうすくなるiphone7が出来上がるとのウワサ。

 

 

 

イヤホンジャック(ヘッドホン端子)がなくなるとどうやって音楽を聞くのか?

 

えっどうやって音楽聞くの?

 

イヤホンジャックがなくなることで、今まで充電用のコネクタを接続しているあのLightningケーブルの接続部分に接続になる。

もしくは、変換アダプターをLightningの変換アダプターになる。

 

もしくは、Bluetoothで無線接続ということになる。

 

薄さが重要。

「薄さが世界を制す。」

本当か!?

薄さよりも充電の長持ちを望む声も多い。

 

顧客目線で見ると仮に今後イヤホンジャックがなくなると、と利便性が良くない。

今まで使っていた、イヤホンたちは使えなくなり、新しいLightningケーブルに接続できるイヤホンを買ってお気に入り達はお蔵入り。新しいLightning変換を買うことになる。

Lightning端子自体が新しいので最初はそんなに安くはない。

 

 

アップルのビジネスとしては、Lightningケーブルの権利で新しい収益が期待されるので喜べるが顧客としては微妙な感じだ。

 

その、Lightningケーブルの使用のラインセンスだけで相当な収益が見込めるらしい。

 

アップルが帝王として君臨するなんて記事も出ている。

 

iphoneのイヤホンジャックがなくなるということは2016年にでるmacやipad達もイヤホンジャックではなくライトニングケーブル接続のイヤホンになったりするのだろうか?

 

ただのビジネス上の利益だけを考えた戦略ではユーザーは離れてしまう。

そうなればいくら部分的な収益を増やしたところで何にも意味がない。

 

そこで、王者のアップルのビジネス戦略がユーザー側へのメリットがあるものになっていくのか?

 

そこが今注目が集まりますね。

 - IT・テクノロジー , , , ,