【映画】杉原千畝(スギハラチウネ)とは!?【感想と評価】

   

passport-544289_1920

 

【映画】杉原千畝(スギハラチウネ)とはどのような内容なのか?

東洋のシンドラーとして知られる「杉原千畝」の命のビザの発行をスポットに宛、それまでの経緯や杉原千畝の葛藤、その当時の世界情勢を描く物語。

 

杉原千畝の周りの登場人物が個性あふれる人たちで、人としての魅力が詰まった映画。

 

主演は唐沢寿明さん(杉原千畝)、小雪(杉原の妻)を演じる。

 

 

杉原千畝とはどんな人物なのか?

外務省の職員だが、杉原の役目はどちらかと言うと今の国と国との友好関係を築くことが目的というよるも、情報の収集=諜報活動(スパイ)というようなイメージが強い。

 

ロシアからはキケン人物として、入国のビザが降りなかった千畝は、ロシア付近のリトアニアに赴任することになる。

 

リトアニアの日本大使館の大使ではロシアやドイツの動向を探り、世界情勢が、戦争の行き先がどうなっていくのか?を肌で実感することになる。

 

そのリトアニアの大使館で「命のビザ」と言われる日本の通行ビザを発給し続けることになる。

 

ナチスドイツは当時、ユダヤ人というだけで虐殺をしていたため、

 

ナチスドイツがポーランドを侵攻し、ヨーロッパ全域を侵略するようになっていた。
行き場を失ったユダヤ人達は、亡命するためには、日本のビザが必要であった。

 

ユダヤ人達は日本大使館前に押しかけビザの発給を嘆願し続ける。

 

その状況を目の当たりにした杉原千畝は、杉原千畝自身や家族の安全を顧みず、ビザを発給し、彼らや家族の命を救うことを心に決めるのである。

 

杉原千畝は、本国日本には無許可で発給し続けた。その発給した数は2000以上といわれ、現在その子孫たちは40000人にものぼると言われている。

 

この大量のビザ発給によって杉原千畝は外務省の歴史から消されることになる。

 

【映画】杉原千畝の感想

映画では杉原千畝は「世界を変えたい」この言葉が印象的だ。

 

「世界を変える」そんな人間は体制に飲み込まれず、誰かに批判されたとしても、自分の信念を信じて、行動できる人間であること。

 

その信念による行動は周りにいる人間も変え、大きなことを成し遂げることができる。

 

そして、その信念は自分のためではなく、誰かのためであること。

 

そこに共感が生まれるのではないかと思います。

 

この当時の日本は軍国主義で上の言うことは絶対の中で、自分を貫いて生きていく。
それがどれだけ難しいことかは想像に難くないと思います。

 

戦争の映画は命の大切さ、戦争の過ちを教えてくれるものが多いと思います。

 

杉原千畝の映画は「人に信念をもっていきること」それが多くの人を変え、多くの人の命を救い、後悔の無い、力強い人生をいきることになるのではないでしょうか?

 

年末年始に見る映画としては、すごくいい映画だなぁと思います。
自分の人生を見直す、先を見据えた人生で今年一年間、自分はどうやって生きるのか??

 

それを考えるのには「杉原千畝スギハラチウネ」を見ると、自分にとって必要なものが削ぎ落とされて見えてくるかもしれません。

 

 - 映画 , , , , ,