ストレスを「スグ」に解消!!効果的な気分転換の方法!!仕事や勉強の「モヤッ」「うつ」を一瞬で解決!!

      2016/01/16

気分転換 ストレス解消

仕事や勉強や人間関係(親子・友人・恋人)など、現代人は様々なストレスを抱えて生活しています。

 

そしてストレスを抱えると、そこにばかり目がいき、本来やらなければならないことに目が行かない、または集中力がかけるような状況になってしまいます。

 

また長時間ストレスを抱えているとうつのような状態になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

| 【自分の記憶がない?】ストレス性の記憶障害」①ストレス性の記憶障害とは
  ストレス性記憶障害とはどのような障害なのか?   よく「漫画」や「ドラマ」で見るような、事故や精神的に強いショックを受けると記憶の一部を失う。   最近、よく耳にする「ストレス性の記憶障害」とは一体どのようなものなのか?   下記のテーマお届けしていきます。 ストレス性記憶障害とはどのような障害なのか? どんな人・どんな場合にストレス性記憶障害になるの? ストレス性記憶障害におけるストレス対策   ストレス性の記憶障害とは 実際に脳に直接的に衝撃がなかったとしても、DV、虐待、大事な人を亡くすなどの強いストレスやショックを受けるた場合に 記憶の欠落がある障害。   まれではあるが、ひどい場合は自分の生活の全てを忘れてしまう。   そういった例もある。日本では70例ほどあるそうです。 そんなことが、実際に起こっているようなのです。   ・解離性健忘 ストレス性の記憶障害を解離性健忘呼ばれることが多いです。 一般的に最も多い記憶障害は、『解離性健忘』と呼ばれるもの。 自分にとって重要な情報が思い出せなくなる状態をいいます。   極まれに、自分の名前まで忘れてしまう場合があるそうです。     短期記憶障害 数時間~数日の記憶がなくなります。   長期記憶障害 記憶の空白期間がみられ、何年にも及ぶ場合がある。     ・その他の症例 また、解離性健忘は記憶をなくす症状がでる症例の呼称だが、 その他にも解離性を伴う(自分が自分であるという感覚が抜ける)障害は下記にもあります。     解離性遁走 解離性遁走とは、突然、会社や家庭から失踪し、遁走中は記憶がない。 2〜3日で戻ってくるケースが多い。 数か月に渡り度々、失踪を繰り返してしまう場合がある。 解離性遁走はアルツハイマーの徘徊に近いような状態です。     解離性昏迷 解離性昏迷とは意識がはっきりせず、外部から刺激に全く反応しない状態。     解離性運動障害 解離性運動障害とは突然動けなくなる。 「歩く」、「立つ」、「しゃべる」という行為が難しくなる。 運動に障害がでる状態。  

 

そこで、素早く気分転換をして、リフレッシュした状態で本来の自分を取り戻して、より楽しく過ごせるために今回は効果的な気分転換の方法やストレスの解消方法をご紹介していこうと思います。

 

気分転換の意味とは!?

そもそも気分転換とは「嫌な気持ち」や「不快感」などの負の感情や気分を「良い気分」「快感」などのプラスの感情や気分に転換すること。

そのために、負の感情やその対象から意識を一旦離して、ストレスの対象に心が向かないようにして、心に余裕をつくること。

 

気分転換を英語では、

・change of mood
・for a change

というそうです。

 

効果的な気分転換やストレス解消の方法

一口に気分転換やストレス解消と言っても、様々な方法があります。いろいろな方法の中でご自身にあったものを

 

よく眠る(睡眠は最高の気分転換)

睡眠不足がストレスの大きな原因になっていることは有名な話。

睡眠不足はそれだけでストレスになります。

眠ることで、悩みから一旦離れることができること、眠っている間に頭の中が整理されて、良い解決策を思いついたりします。

また仕事の能率も、睡眠不足とそうでない時は大きく代わります。脳は睡眠をとることで大きくストレスを解消してくれるワケです。

昼寝をすることで能率が上がることも科学的にも証明されています。

どうしても、仕事中頭の働きが良くない、なんか憂鬱だと言う時は、仮眠を取って頭も心もスッキリリフレッシュして気分転換をしてみては。

 

| 睡眠不足は経済にも影響する!?睡眠不足の影響と原因!その解消法!
  12月は忘年会にクリスマスとイベントの多い季節。 普段よりも生活が不規則になりがち。   飲み会で2次回3次回が終わると深夜になっている。   次の日の仕事では睡眠不足と二日酔いで頭がさっぱり働かない。 今日は早く帰ろう。そんなことになることもしばしば。   ヒトは睡眠をとることで脳もカラダも休息をとり、日中に活動して損傷したカラダを癒やしくれます。また、日中の活動中に記憶を整理してくれたりと、人が活動する上でも重要な時間の一つです。   しかし、飲み会が無い季節でも睡眠不足が常時続いている。そんな方は少しキケンかもしれません。   そんな人にとって重要な睡眠がうまくとれない睡眠不足について調べてみました。     睡眠不足の与える影響   体重が増える   睡眠不足ではエネルギーを消費しがち、エネルギーを多く摂取するために高カロリーのものや炭水化物を欲しがち。     記憶力・判断力が鈍る   睡眠をとることで、睡眠中に脳が勝手に頭にある情報を整理してくれています。 寝ないと頭にある情報が整理や定着できません。 徹夜をしている時や睡眠不足の時は頭がボーとする。記憶力が低下する。 勉強や仕事で徹夜をしても、失敗が増えたり、次の日の効率が悪くなっては本末転倒の結果になってしまいます。   また、睡眠をとらないことで、酔っぱらっている状態と同じ状態だという研究もあるほど。   当然ですが、そんな状態では集中力は持続できません。     免疫力が弱くなり怪我や病気になりやすい   睡眠不足で免疫力風邪をひきやすくなったり、インフルエンザのワクチンなども抗体がきちんと出来ず効きにくくなることもあるそうです。   また、睡眠不足で成長ホルモンがきちんと筋肉や骨などの修復もきちんと修復できていない状態で弱った身体にとどめを刺してしまうこともあるかもしれません。   傷ついた身体がきちんと癒やしあげないと、怪我の元にもなってしまいます。     鬱やイライラの原因になる   鬱やイライラの原因はホルモンバランスや自立神経が大きく影響します。

 

運動やストレッチをする

心とカラダは密接に関わっている悩んだり、疲れたりすると人のカラダは固くなります。固くなったカラダは血行も悪くします。

運動をすることで、頭も身体もスッキリします。

 

深呼吸をする

深く深呼吸をすることでリラックスでき、気分転換を行うことができます。
深呼吸を反復してして行うことで、筋肉の緊張をほぐしてくれます。

それにより、自立神経の乱れを整えてくれます。

また、深呼吸をすることで、新鮮な空気が脳に送られる。
脳は最も多く酸素も栄養もつかうので、酸素の供給も脳にも良い影響があります。

深い呼吸は下記のような効果があります。

  • 血圧の正常化や安定
  • 心拍数の低下
  • 免疫力の向上

 

 

瞑想をする

最近は瞑想を取り入れる企業やビジネスマンが増えています。瞑想は宗教的な意味合いだけでなく、脳にも非常に良い効果があり、自分の中にあるネガティブなイメージを変えてくれます。

瞑想を行うことで、実際にカラダにも良い効果があります。

 

大声を出す、歌う

 

大声を出すということで、呼吸が深くなり、横隔膜の上下運動により、マッサージ効果がでて、血行がよくなり、体温があがります。それにより免疫力が上がります。

継続して、大声を出すとストレスホルモンが低下してストレスが溜まりにくいカラダになります。

歌を歌うという行為は、右脳を使う行為です。事務的な仕事が多かったりすると特に自分の感覚や感性を忘れてしまいがち。仕事をしていると、脳の中でも使う部分が限られてしまいます。

そこで、脳の違う部分を働かせて、酷使する部分をお休みさせてあげることができる。

大声を出したり、歌を歌うことで腹筋が収縮して、おなかの働きも良くなります。

 

 

音楽を聞く

音楽の中でもモーツァルトやヒーリング・ミュージックなどはリラックスの効果が高いことは有名です。

またヒーリン・ミュージックのような、いかにもという音楽でなくとも、自分のお気に入りの曲を聞くだけでも、気持ちを切り替え、盛り上げてくれる効果があるます。

気分の切り替えややる気をあげるためにBGMをかけるとよいです
BGMで音楽をかけることは、なにかモノ事を集中して考えたり、勉強したりするときにも効果があります。じつは、すごく静かなところよりも、多少雑音が多いような場所のほうが集中できるということがあります。

BGMでは、歌詞が入っていない、一定のテンポの曲がおすすめ。

 

 

マッサージやツボを刺激する

 

頭も心も疲れていたり、ストレスが続いているような場合は、カラダにも無意識に影響がでるものです。緊張している時は、カラダに力が入っていたりして、カラダのいろいろな部分の筋肉がが固く硬直します。

これは昔はキケンが迫っているととっさに対応できるように神経が過敏に肩こりがしたり、他のカラダの箇所に影響が出たりするものです。そういった、状態が続けば、心的なストレスに加えて、(身的)カラダのストレスも加わり悪循環になってしまいます。

ストレスというと、どうしても、「心理的なストレス」のイメージが強いようにおもわれていますが、カラダのストレスはもっと大きなストレスになります。

まずはカラダをリラックスさせてあげることで、驚くほど気分も変わることがあります。

こころとカラダというより、脳と身体は密接な関わりがあるので、カラダの不調がなれば、気持ちも楽になり、カラダの調子も更によくなるという好循環が生まれます。

ストレスが溜まった時に効果的な自分で簡単にできるマッサージもたくさんありますので、いろいろなマッサージを試してみてください。

 

部屋の空気を入れ替える

意外と閉めきった空間にいると空気が淀んでいたりするもの。空気を入れ替えることで新鮮な空気やマイナスイオンの効果でリラックスできます。

 

お風呂に入る

 

リラックスにはやっぱりお風呂でしょ。シャワーでも効果がなくはないですが、やっぱり、湯船にゆっくり浸かって全身を温めことで、自律神経が整います。

また、寝る1,2時間前に入浴することで、寝付きもよくなり、しっかりとした睡眠がとれて疲れがとれることで、頭も身体もスッキリします。

加えてお風呂にはダイエット効果もあり一石二鳥、一石三鳥も期待できます。

| 【入浴法】ダイエットに 効果的なお風呂の入り方 !!半身浴じゃなかったの!?
寒い季節はお風呂につかってゆっくりやすみたい。 だけどどうせ入るなら、 ダイエットできるほうがいい!! カラダも引き締める ダイエットに効果的な 入浴の方法はないのか?

 

 

今やっていることと違うことをする

 

脳は同じことをしていると刺激がなくなってきます。同じことをしていると、集中力も時間とともになくなっていきます。

気分転換というと、身体を休むことも重要ですが、今までとは違うことを行うだけで脳には新しい刺激になり、今まで使っていた脳の部分は必然的に休むことになり気分転換になります、

 

散歩をする

 

散歩をすることを日課にしている偉人やエグゼクティブは多いようです。
本来動物のカラダはじっとしていることではなく動くことでバランスをとります。

そして、人は2足歩行をすること、日本足で歩くことで進化してきた生き物。

歩くことで脳に酸素を取り込むと同時に視覚的にも、新しい景色をみることで新たな、発想が湧く、ダイエット効果、前向きに考えることができるなど利点がいっぱい。

| 【偉人も持つ習慣】クリエイティブに生きるために散歩に出かけよう
時間がもったいない。だからダラダラ散歩なんてしない。   そうおっしゃらずに時間が無い時ほど出かけて見て下さい。 なぜ、散歩をオススメするかというと実は、歴史の偉人や天才たちが、日課にしていたクリエイティブな習慣なのです。 散歩はそれだけでカラダにもココロも様々な良い影響を与えてくれる。素晴らしい習慣。 そんな散歩について少し考えてみたいと思います。   クリエイティブな人ほど散歩に出かけよう   僕はよくブログは散歩に出かけながらiphoneで書いたり出来ます。歩きながらアイディアも浮かんできます。   散歩にはお金もかかりません。   家族と一緒に散歩をすれば、妻や夫、子供と語りあうことができます。   もしかしたら、 「えっこんないいお店が近所にあったの。」 「今度の週末はここによって見よう。」 「いやいや、もう今日のディナーはここに決定かな。」 と新しい発見やちょっとした癒やしなんかに出会える。   だから、お散歩デートなんて言うのも、歩いているだけなのに、意外といろんな話ができてお互いの距離が縮まるのかもしれませんね。     散歩に出かければ、脳も活性化する   散歩をすることは身体にもすごくいいのです。   有酸素運動は脳の働きを活発にし、カロリーも消費します。   私もよく歩く方だとおもいますが、散歩にでると30分~1時間くらい平気で歩きます。   散歩をしっかりして、よく眠れるし、何よりも、ちょっと悩みがあったりして、何かを考えながら歩いていると、大体帰ってくる頃までには、何かしらの答えが出ています。   また、悩みを抱えながらも歩いて、歩き疲れると帰ってきてしばらくすると、仮に答えが出なくても、 「なんか別にいいや!!」 「今日はとりあえず好きな映画でも見て気分転換しよう!!」 と前向きな気持ちに慣れる。   ニューヨークのビジネスマンをこれを知ってか知らずか、とにかくよく歩く人が多い。 ビジネス街を歩いているだけで、ちょっとした散歩くらいにすぐなってしまいます。   そんな不思議な効果がある散歩を、日常に取り入れると身体もココロもいつも以上に調子が良いことに気づくかもしれません。

 

 

場所を変える

 

仕事がなんかはかどらない、いつも同じ場所で勉強しているんだけどなんか思ったように進まない。そんな時は場所を変えてみる。実は場所を変えるだけで、仕事の効率や学習効果も大幅に上がることもあります。

スラムダンクやバガボンドで有名な漫画家の井上雄彦さんも、漫画のネーム(漫画の大枠)を考えるのをいろいろなカフェを周りながらアイディアを出すらしいです。お気に入りのカフェをいくつもあるらしいです。

 

 

掃除や整理整頓をする

 

目の前にモノがあるだけで、情報がたくさんで頭が混乱してしまいます。掃除や整理する中で、頭の中も整理できます。また、いつも、掃除や整理をされていな場所にいると、無意識のうちに掃除をしなきゃいけないなぁと思いながら、今すべきことをすることになり、本当に必要なことに集中できなくなってしまいます。

| 【楽チン】物を捨てるだけで運気も上がる!?断捨離の効果①
        断捨離はスゴイ効果   断捨離が一時期流行りましたが、私はかなり昔からいらない物を捨てることにかなりこだわりがあります。   実は生活や仕事においても、すごくいい効果があるものなのです。   断捨離することによって、運が良くなることもあるみたい。   それには、いろんな理由があると思うのですが、運は「はこぶ」と書いて常に動いているのです。運を溜めるのではなく、 運は自分の周りを通っていくもの。   だから、「運気」と呼んで良かったり悪かったりする。   けれど、物や思考がいっぱいのところには、運気も入ってこれない。   だから断捨離で隙間を作る。 この隙間を作って、入ってくるスペースを開ければ「物やいい運気が入ってきますよ」という法則を 「空白の法則」ともいうみたいです。       断捨離ってなんだろう?   断捨離の意味って何なのか?   断捨離の意味とは下記のように定義されています。   基本的にはヨーガの行法、 「断行(だんぎょう)」 「捨行(しゃぎょう)」 「離行(りぎょう)」 という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ。 また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという 考え方、生き方、処世術である。 単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。 引用:wekipedia        「捨てないと入ってこない」だから断捨離をする モノや運気はモノは捨てないと新しいものは入ってきません。   体も新陳代謝が必要なように、人生や運気にも新陳代謝が必要。   そのためには断捨離することも必要だと思います。   日本人は、特に、捨てることへの抵抗が強い人種なので、 使わないと分かっている洋服 趣味に合わなくなった雑貨や家具 読まない本や教科書 なんかも捨てないし捨てることできない。     農耕民族だから貯め込むこと ものを大切にするという美徳 「mottainai」精神。

 

 

オシャレをする

 

自分の見た目を変えることで自分に自信を持てるようになります。女性がお化粧をしているときとそうでない時では、気持ちが全く違うといいますよね。

男性では、仕事がデキる人は、やっぱりオシャレにもこだわっています。自分が自分のことを好きだとか、いい感じと思えるようにすることで、何をするにも自信を持って行うことができます。

 

嫌なことを書き出す

嫌なことは忘れてしまいたい。だけど、嫌なことほど忘れられない。脳はイヤだなーとか不快だと思うほど良く覚えているようにできているのです。

これは、キケンや不快なことほど次にそのキケンや不快を避けるようにちゃんと覚えているような仕組みになっているのです。

けれど、嫌なことも自分の認識次第、その体験を自分の中でどう認識して、消化するのか?ここが重要なところ。

この「消化」をするために、頭の中だけで考えるとなかなかうまく考えもまとまりません。

客観的にモノ事を捉えるために、紙に書き出してみる。

その上でその体験を自分の中で失敗の体験であれば、次はないようにするための解決策を考える。

嫌なことを言われたのであれば、自分とは違う人間が勝手にそう思うだけで、そう思われたことで自分が何か変わるわけではないこと。

そこを感情ではなく冷静に考えて、認識し直す。

そう捉え直すことで、気分を変えて、気持ちを新たに過ごすことができます。

 

 

 

なぜ仕事や勉強などので気分転換やストレス解消が必要なのか?

ちょっと根本的な疑問ですが、そもそもなぜ気分転換やストレス解消が必要なのでしょうか?

人は他のことに意識が集中している間は、ストレスの元からも解消されます。

しかし、いつまでも、そのストレスの元から意識が離れなければ、心ここにあらずの状態になり、仕事や学校などでも当然よい成果はでません。

何かに悩んだり、落ち込んだりした時には、そこの悪い部分ばかりにフォーカスしてしまい中々解決の糸口が見つからないもの。

 

そこで大切になるのが、一旦落ち込む原因から意識を話して見るために、こまめに気分転換を行ったりストレスを解消したりすること。

そうすることで、一旦問題から離れて、モノ事を俯瞰(ふかん)してみることができます。

渦中にいる時は焦って、見えなくなっているけれど、時間がたって少し冷静になってみると、「あの時はあーしておけば、そんな焦るようなことでもなかったなぁ」と思い返すようなことはよくあると思います。

 

今の嫌な気分を変えることも、なんか集中できない、モヤモヤする、そういった好ましくない状況を転換させるために「気分転換」「ストレス解消」はは必須になってきます。

集中力が向上、効率UP、そのためにガムシャラに頑張ったら、少し気分転換をしてみてはいかがでしょうか?

 - ライフ , ,